突き破れ、くだらぬ常識

sponsored link

この社会に生きるには「常識」というものが付きものです。チョットでも道を外しますと変なレッテルを貼られては、非常識者扱いをされます。

 

確かに人様を傷つけたり、迷惑をかける非常識はいけませんが、自分自身の人生における「非常識」は大いにやるべきだと私は思っています。

 

常識って何でしょう?

 

「客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと」と書かれていますが、いったいどんな行為が、どんな物事が当たり前なんでしょうか?

 

この当たり前のことなんて、人一人それぞれであって元来「こうでなければいけない」なんてものは無いんです。そうそんなのある訳がありませんよ。

 

とかくこの日本はこの「常識」が大好きな国民で、小さい頃から体育では「前にならえ!」精神を叩き込まれるんです。そう「みんなに合わせる」です。

 

ですから常識から外れた行為を非常に嫌いますし、また一人で外れた行為をする勇気すら持ち合わせてはいません。そうみんな人と一緒が一番楽なんです。

 

赤信号みんなで渡れば怖くない。

 

北野武氏は本当に上手いことを言いました。まさしく日本人の常識大好き精神を的確に表している言葉ですね。これこそが間違った常識論だとも知らずにです。

 

幼稚園から小学校、中学校、高校、大学、そして会社員として勤め上げることこそが常識です。中退、転職なんて恥ずかしい行為のように今でも言われます。

 

人生という道は外れるから面白いんじゃんか!

 

一本のレールに引かれた人生なんて糞食らえじゃ!

 

そのための借金ぐらいでビビるなよ!

 

誤解しないで頂きたいのは、自分の意志で、自分の目的でこの常識というレールを走っているのであれば、それは全く問題ではありません。

 

私が言いたいのは、人から決められたこの「常識」という呪縛に縛られて、この貴重な人生を無駄に過ごしている方々が余りにも多いってことなんです。

 

起業したいならばしちゃえばいい。

 

方向性を変えたいのであれば変えちゃえばいい。

 

そう、自由なんですよ。法律に触れることはいけませんが、この社会にはこうあるべきなんて常識なんてありません。そうこの非常識が無から有を生むんです。

 

画期的な発明も、人類の進歩も全てがこの非常識から生まれたのです。そう常識という壁を突き破ったものこそが時代を変えていくのです。

 

もういい加減、人の見る目を気にして生きるのは止めませんか?、あなた様の人生は白いキャンパスのように自由なんです。そこに規則はありません。

 

どんな色を使ってもいいんです。どんなデッサンでもいいんです。まずは自分自身の好きなように書き出せばいいんです。そう、それでいいんです。

 

周りの常識人の方々からは、眉をしかめつけられるかも知れませんが、どうかほっときましょう。だってあなた様はあなた様だけのレールを作るのですから。

 

私の中学校時代の友人の中で、私以外で一番稼いでいるのは中卒の元ヤンキーです。当時の常識ある親たちは彼と遊ぶことすら嫌がったものです。

 

当時の私はそいつが面白くてはいつも一緒に遊んでました。夜な夜なバイクに乗っては意味もなく駄弁ってはタバコを吹かして粋がっていたものです。

 

彼は中卒ですが頭が切れて、物流関係で働くようになってからはガンガン稼ぐようになります。今では年商10億円の社長で大卒連中を雇ってます。

 

私は中卒がいいだとか、ヤンキーがいいだとか、そんな浅はかなことを言っているのではありません。道から外れたってその気になれば何でも出来るということです。

 

昔と比べましたら、多少はこの「常識」は少なくなってきた感はありますが、まだまだこの「常識」に人生を依存してしまっている方々は多いんです。

 

今年の新卒者社会人の中で、既に自分の就職は間違っていたと答えた人は50%もいるのですから驚きです。半分ですよ。半分が人生を履き違えたと思っている。

 

この要因が子どもの頃からの「常識論という間違った思考」によるものからです。そこに自分の意志なんて何もなく、ただただ人と一緒という思考です。

 

もういい加減、自分に人生を突き破りましょう。

 

もういい加減、くだらぬ常識から抜け出しましょう。

 

人生は短いんです。今は若いと思っていても誰でも平等にあっという間に歳をとるんです。そして後悔しても時間だけは絶対に戻っては来ません。

 

だからこそ若い頃から、キチンと非常識人になるべきなんです。人がやらないことやるから成功者なんです。今成功している方々はみんな非常識人ですよ。

 

ただ家族を泣かしてはいけません。シッカリと自分の意志で非常識人になりましょう。そしてそれを正々堂々と家族に理解してもらいましょう。

 

親は子どもの幸せが一番なんです。子どもが幸せならば常識人でなくても全く問題ないんです。それが親心というもの、私も一人の親として絶対なんです。

 

赤信号みんなで渡れば怖くない・・ではなく

 

赤信号一人で堂々と渡ってみせよう・・です。

 

今回のこの非常識論は、決して自分自身を甘やかす言い訳ではありません。その逆に自分に厳しくするものです。自分を律することを指してます。

 

人と違うことをやるというのは孤独です。この孤独に打ち勝つこと、私はそんな強さを持って頂きたいのです。もう馴れ合いの人生は終わりにして戦いましょうよ。

 

感謝

 

下村しげお

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です