孫正義とスティーブ・ジョブス

sponsored link

    本日は孫正義とスティーブ・ジョブスについて見ていきましょう。

 

もちろん二人とも超有名人ですから、誰もが知っているかと思います。ただ成功者を語る上でこの二人は避けては通れません。

 

それ程までに非常に似ていますが、相反する性格も垣間見えます。孫正義とスティーブ・ジョブスは深い関係であった事は有名な話しですし、せっかくの機会ですから少しだけ抜粋して見てみましょう。  

 

【孫正義】   ソフトバンク代表取締役社長。1957年佐賀県生まれ。1974年に高校を中退後、16歳で渡米。大学在学中に「音声装置付き多国語翻訳機」を試作し、当時シャープの専務だった佐々木正氏に1億円で買い取ってもらいます。 1981年に帰国すると、その1億円を資金に日本ソフトバンク(現ソフトバンク)を設立しました。  

 

銀行の逆選別や資本市場からの資金調達、買収による事業の多角化など、日本の商慣習にならわない新しいタイプの会社経営が注目されております。 近年では、ブロードバンド事業「Yahoo! BB」の立ち上げ、日本テレコムの買収などが話題になっており、また2006年にはボーダフォンを買収し、携帯電話サービスにも進出している。  

 

そして東日本大震災後の原発事故、およびその被害を独自調査した末、反原発、撤廃派に転向。グループによる太陽光発電事業へと乗り出しています。    

 

【スティーブ・ジョブズ】 1955年~2011年 Appleの創立者であり、会長であり、前CEOであった人物です。 常に業界の一歩先を行く、Appleのカリスマでした。カリスマであり俺様キャラな為、一時Appleから追い出された事もありますが、パーソナルコンピュータを初めてコンシューマ用として提供し、GUIを一般に普及させました。  

 

また、iPodにより携帯音楽プレーヤーを再定義し、音楽ダウンロード販売を通じて音楽ビジネスの根底を揺るがし、更にiPhoneでは携帯電話の再定義を果たし、フィーチャーフォンからスマートフォンへの置き換えを急激に加速させました。またiPadはタブレット端末を再定義し、一般消費者にタブレット端末の利便性を認知させ普及させた事は画期的な事です。  

 

プレゼンテーション能力に非常に優れ、資料の羅列やスライドショーの棒読みといった退屈な手法は一切使わないプレゼン手法をとります。プレゼンというよりは講演会に近く、それは最大の宣伝とまで言われています。   参考までに以下のYouTube映像はかなり有名でご存知の方も多いかと思いますが、ジョブス氏の卒業式”伝説のスピーチ”と呼ばれる映像です。  

 

【引用元:YouTubeより】  

 

 

ここでまた有名な話しですが、孫正義がスティーブ・ジョブスからiPhoneの独占契約を勝ち取った会話が話題にもなっていますね。それが下記の会話です。まさに成功者の会話そのものです。

 

 

 iPhone発表の2年前、孫正義はiPodに電波受信機能を付けたモノのスケッチを持って、ジョブスに会いに行きました。

 

 

すると  

 

 

「マサ、それは要らない。だって僕には既に自分のがあるんだから」  

 

 

と返されました。そこで孫正義は  

 

 

「わかったよ、このスケッチはしまおう。でももし 君が実現したら、日本での販売は僕にやらせてくれ」  

 

 

と言いました。

 

しかしスティーブは笑いながらこう返してくれました。  

 

 

「マサ! それはできないよ。だって君はまだ 通信会社すらもってないじゃないか」  

 

「ようし、わかった。スティーブ見ててくれ。僕は日本で通信会社をつくろう。そしたら約束だ、絶対に忘れないでくれよ」  

 

 

 

孫正義はその後 ボーダフォン株式会社(現・ソフトバンクモバイル株式会社)を買収し、その2008年にiPhoneを日本独占販売したのはもう誰しも知るトコロでしょう。当時のiPhone発売まさに狂想曲と呼ぶにふさわしい騒ぎでしたが、その裏にこんなに熱い男2人のドラマがあったんですね。  

 

さて、ここまではよく知られている話しですので、ここで終わっては私のブログの意味がありません。そこで私なりにこの孫正義とスティーブ・ジョブスをみていきたいと思います。  

 

2人ともまさに成功者資質を持ち、自分自身の信念を絶対に曲げない部分はソックリです。その目標の為に邪魔をする巨像がいようと、逆にそれをバネに利用し最後は抜き去ってしまうところはあっぱれです。  

 

孫正義にはNTTがいましたし、スティーブ・ジョブスにはIBMやマイクロソフトがいました。でもこの孫正義とスティーブ・ジョブスの2人は、その巨像を手玉に取り、完全にその市場を乗っ取ってしまいました。   この障害を物ともせずに利用するだけ利用して引っくり返してしまうところが孫正義とスティーブ・ジョブスの個性でもあり、反逆者であり、もっと言えば、だからこそ人気があるまさにスーパー成功者と言えるでしょう。  

 

ただ私が感じるに、この2人の違うところを敢えて書き出すとしましたら、孫正義はある意味、「企業構築の天才」そしてスティーブ・ジョブスは「商品構築の天才」と言えると思います。   孫正義はソフトバンクこそ立ち上げてはいますが、あとは企業買取で大きくなっていきます。

 

これから流行るであろう業界にズカズカ入り込み、その業界の企業を買い占めて、あっと言う間にてっぺんまでに登りつめてしまう天才です。これはこの日本においては非常識とも取れる方法です、が孫正義は平然とそれをやり抜いてしまう、そこが凄いと思います。  

 

またスティーブ・ジョブスはタブレット技術に目を向けて、その企業を買ってしまうのではなく、自分自身の天才的なアイデアでそれを画期的なものに変化させてしまうのです。まるでスティーブ・ジョブスが生み出したかのような錯覚を与える、タレント並みのパフォーマンスは圧巻です。商品に光を与える才能はあのビルゲイツも敵わないでしょう。  

 

ただ2人に共通して言えるのは、会社を興すという狭い範囲での思考ではなく、世界を変えるという大きな視野に立っているという事です。私がよく「成功の先にあるものを見つめなさい」と言っているのは、まさしくこの2人のようにお金儲けが最終目的ではなく、世界をより良きものにする事こそにフォーカスを当てているからに他ありません。

 

だからこそ、このようにこの2人を例に取り時間を使ってタイピングしているのです。  

 

本日はこの2人を取り上げる事で、私の理想を述べる事が出来て嬉しく思います。もし私の目的に共感して頂ける方々が少しでもいて下さいましたら、これ程の喜びはありません。  

 

やはり孫正義とスティーブ・ジョブスのような成功者から学ぶ事は多々あります。

 

このブログを読まれている方々の中から、第二の孫正義とスティーブ・ジョブスが現れる事を願って、本日は締めさせて頂きます。    

 

 

感謝  

 

下村しげお      

 

 

 

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です