海外で今何が起こっているのか考えてみる

sponsored link

今回は「海外で今何が起こっているのか考えてみる」というテーマにしてみましょうか。  

 

まずこの日本は基本的には島国であり、なんでも自国で完結してしまえる程の経済的な豊かさ、四季や土地など含めた環境、などすべてが整った世界でも稀にない国です。また真面目で勤勉な日本人特有の人種性質から、戦後、他国からは信じられない程の発展を成し遂げてきました。

 

まさにジャパニーズドリームです。  

 

海外を知らないと、これらが当たり前のように感じられるかも知れませんが、これ程の秩序ある国は奇跡的だと言ってもいいでしょう。こんなに安全な国はありませんし、また経済不振と言いながらも生活苦で食べるものが無いという話しは、余程の事が無い限りはありません。まあ、昨今はその神話が崩れつつありますが、まだまだ世界から見たらマシな方です。  

 

ただその真面目さ、律儀すぎる思考から変化を好まず、自国のみでの思考感覚から脱皮出来ない事もまた事実です。少しは変わっては来ているものの、終身雇用神話を相変わらずに期待したり、また政治に関しても、保守的に差し障りのない政党に期待するところは、ある意味平和ボケと言われても仕方ない部分があります。大人しすぎますね、今の日本人は!  

 

また、島国ゆえに世界の他国について余り関心が無さすぎです。まさに今回のテーマでもある「海外で今何が起こっているのか?」について無頓着すぎます。この時代はもうこの日本国だけで暮らしていけるほど甘くはありません。一応先進国として成り立っている以上、他国についてももっと意識を向けるべきだと私は思います。事なかれ主義は卒業しなければいけません。  

 

現在多くのアジア諸国が英語を第二国語などに置いているなど国際フラット化に向かっている状況とは異なって未だに視野がドメスティックであることが挙げられます。世界は常に変わっているし、これからは益々、世界の壁は無くなっていくこと、そしてこれからの時代は益々、情報こそが鍵になっていくこと、それをまず考えてみることが大事ではないでしょうか。  

 

私がいう平和ボケとは未だに過去の繁栄にしがみついている事からも伺えます。いつまでも国に頼る時代は終わったのです。そして国がその力を誇示する時代も終わりを迎えて来ています。その国の人間だからその国の事だけを考えるという時代は終わり、ドンドンと世界に向かって発信していく時代になったのです。よく日本人は「欧米人コンプレックス」と言われますが、逆にこれでは世界では通用しません。  

 

世界は今後もっと、国境という考え方が薄れて、いかにも個人間同士の関係に重きを置いてくるでしょう。事業でも然りです。益々国際的な繋がりの元で様々な新規事業が出現して来るです。そんな時に「日本では・・」なんて言葉は通用しません。また自分の意見をしっかり相手に伝えるコミュニケーション能力は必須になってきます。  

 

なんだかんだ言っても今の社会は英語が公用語ですから、逆に英語が話せて当たり前にならなければ国際的な事業も出来ません。もう日本だけで完結するような事業は通用しません。これからはもっとグローバルな視点で物事を見る必要があります。でなければ本当に付いて行けなくなります。ですから日本の教育制度も変革して本物のスピーチ英語をマスターすべきです。  

 

先程も少し書きましたが、これからの社会は国家間というものではなく、個人間が国を跨いで事業を行う時代です。あと50年もすればこの「国」という意識は過去の産物になるかも知れません。そのぐらいに世界は動いているのです。表向きは国家間のやり取りが新聞を賑わしますが、これは表面的なものに過ぎません。裏ではシッカリと通じ合っているのですから。  

 

こんな表向きのニュースを信じて、やれTPPだとか尖閣諸島だとかというマインドコントロール的な部分に一喜一憂している場合ではありません。もう関税などは撤廃され自由貿易の時代が来るのです。繰り返しますが日本だとか、アメリカだとか、中国だとかを遥かに超えた世界が待っています。ボーダレス社会です。

 

そんな事も知らずに、ただただ日本国の利益から反対していても意味がありません。   確かに一部の民族、または宗教でのテロ行為は続くでしょう。またチョットした一部の暴走国家の傍若無人な行為はあるでしょう、がしかし国家同士巻き込むような大戦争は起きません。もう太平洋戦争という大規模な国家間の戦争は起きません。何故なら利権を巡って影でしっかりと自分の取り分を決めているからです。

 

そんな中でこの日本は未だにアメリカにおんぶに抱っこです。これでは遅れを取ってしまう事は言うまでもないのです。   羽ばたきなさい!、さあ今こそ羽ばたくのです。時代の枠を超えて、国のしがらみを超えて羽ばたかなければいけません。水面下の時代の流れに乗らなければ、ただただ貧乏くじを引いてしまいます。

 

しっかりと日本という国を愛しながら、そして世界の国々を認めて臨機応変に立ち振るう時代です。そしてYES・NOをハッキリと言えるパワーを持たなければ生きてはいけないのです。

 

ボーダレスの社会は、個人が勝たなければ生きてはいけないからです。   世界は、そう世界の若人はもうそうして動いています。その顕著なところが東南アジアであり、南アジアであり、そしてその次に来るのがアフリカでしょう。どうかあの神風特攻隊のような熱き日本人の魂を思い出して下さい。そして日本国内にとどまった思考を捨て去り、世界に向けて発信するのです。先人が残してくれた日本魂を持って、世界で活躍される日本人がもっともっと増えていかねければいけないでしょう。  

 

その為には「情報」こそ力です。この情報を得た者が勝ち組になります。そしてこれら情報は世界を通じて流れています。この情報にいくらのお金が動いている事でしょう。何故なら情報を制する者が勝つからです。なんだかんだ言っても、今の既存のメディアは完全なる情報操作の元に置かれていますので、参考程度にしないと判断を誤ります。

 

それには世界に通じる情報網構築こそが宝物になるのです。だからこそ広げるのです、自分の世界をです。   海外は今、本当に大きなウネリの中で新しい世界構図を模索しています。

 

利権争いも当然に情報戦なわけです。これ程のネット時代になった訳ですから、あっという間に情報が世界に通じていくのです。

 

もう世界を視野に入れた思考はあって当然です。日本がのんびりと過去の栄光にあぐらをかいていては、世界から置いてきぼりになるのは目に見えています。

 

どうかこの世界の流れに乗り遅れないようにしなければいけませんね。  

 

 

感謝

 

下村しげお    

 

 

 

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です