30代男性の平均年収は手取り○○円?

sponsored link

30代の平均年収、手取りっていくらぐらいなのか?、20代のサラリーマンの方には興味深い話しですよね。

 

一体自分がコツコツと今の会社に勤めるとして、30代にはいくらぐらいの年収増加になっているのか?、これって人生設計には欠かせない事です。  

 

ちょっと調べてみました。

 

思った通りこうした統計として国が出すものは、平均という名のもとにかなり実生活とはかけ離れているな?、と感じずにはいられません。 まさに数字のマジックとでも言えばいいでしょうか、一般の人から見ましたら、おのずとかけ離れた数字が思った通り並んでいました。  

 

男性 30代前半 432万円 30代後半    505万円 ⇒30代 男性の平均年収は、468.5万円 女性 30代前半 299万円 30代後半 292万円 ⇒30代 女性の平均年収は、295.5万円 男女合わせた30代前半、384万円 30代後半、431万円 ということで、男女合わせて、前後半も関係なしの30代の平均年収は、412万円です。 

 

これはこの10年で100万円も下がった数字ですし、平均ですから高額所得者も含まれており、この数字よりももっと低い人は大勢いらっしゃいます。逆に年収300万円代の30代の方は最も多いのではないでしょうか?  

 

民間給与実態統計調査結果によると300万円は、年収別統計の中でも最も層が多い金額となります。つまり30代男性の平均年収は手取り額に直しますと200万円代ということになります。月に換算しますと20万円、あるいは10万円代の方もいらっしゃいます。  

 

これで景気回復と言えるのか甚だ疑問です。年功序列も消えてしまい、会社に長くいれば給料が上がるという時代でもありません。厳しい世の中です。   私は30代男性の平均年収はこの300万円から上がる事はないと思っています。イヤ益々厳しくなってくるでしょう。今では派遣社員も増加している事で、会社にいられるだけでも幸せ・・なんて事にもなりかねません。

 

こうして実際の数字を見てみますと、下手に結婚も出来ない、子供も産めないというのも理解出来ます。しかしどうする事も出来ないのが現状でしょう。国に頼る時代も終わりです。国は益々国民から税金という形で徴収してくる事は明白だからです。  

 

過去の高度成長期には考えられない事が、今の日本にはあると気付かなければいけません。真面目にコツコツは、苦しい生活の象徴にもなってしまいます。   では大企業であれば、公務員であれば・・と親は考えて必死にいい大学へ、いい就職へと子供の尻を引っ叩いては導こうと努力しています。

 

ハッキリ言いますが、もう大企業だから、公務員だから安心という時代も終わったのです。自分の身は自分で守らなければいけない時代に来ています。他力本願ではもう生きてはいけないのです。厳しいようですが、ここで現実を見つめ直しましょう。

 

とにかく最低限の生活さえ出来ればそれでいい・・

 

という方は別ですが、やはりある程度の生活を希望しているのであれば、もう学ぶべきです。   自分はどうすればいいのか?、どう生きていけばいいのか?、何に向かっていけばいいのか?、をです。  

 

30代男性の平均年収とは、この国を支える中心的な方々を指しています。結婚し子供を産み、一番の消費者こそこの30代です。この30代の平均年収が300万円というのは、この日本が末期的経済に向かっているという証拠です。このままですと平均年収200万円世代も出でくる勢いです。これで未来に夢を持て!、希望を持て!、と言われても夢も希望もなくなる気持ちも分かります。

 

晩婚、少子化は当たり前のように起こった現象に過ぎません。これで30代の若者に高齢化社会のお年寄りを支えろといっても無駄だと分かるはずです。自分達が生きるのに精一杯なのに、これ以上税金という名の年貢を納めさせられては、30代の若者にも失礼です。  

 

もうこの日本では専業主婦という言葉は無くなるかも知れません。しかし、子供は産みたい、でも預ける先が無い、専業主婦にならざるを得ないが亭主の稼ぎだけでは暮らしていけない。まして育児休暇制度などと上手いことを言って、戻っても仕事がなくて退職を余儀なくされる始末では、この30代の方々はどう生きていけばいいのでしょう。

 

親にでも頼れる方はまだましな方です。しかし親も年金が減った、医療費の負担が増えたで、それどころではありません。この傾向は益々顕著になってくるでしょう。いっその事、子供は諦めよう、結婚は辞めよう・・となっていくのも自然の摂理です。

 

この美しき日本はまさに混沌たる大海原で彷徨うイカダのようなものです。   さて暗い事ばかり書いてきました。ここで終わっては私としてのブログの意味がありませんね。ではどうするか?、を考えていけばいいだけの話しです。

 

このブログを読まれて、「自分は仕方ないから結構」という方は、この先は読む必要はありません。でも何とかしたい!、という熱き若者だけに絞ってこの先を続けたいと思いますね。悲観する事は決してありません。この日本にはまだ経済の自由があります。要は稼げばいいだけの事です。

 

今のままでいいという方々はほっといて先に進んでいきましょう。終わりと思ったらそこで終わりです。向上心があるから人は成長するのです。環境や社会のせいにしているだけでは何も変わらないのですから。   私は先ほど「年功序列の崩壊」と書きました。これは先ほどはマイナス面として捉えるような書き方をしましたが、本当は完全なプラス面です。

 

いくら頑張っても年齢の上の人の給料には届かないなんて逆にナンセンスです。事業は戦争です。年齢などは全く関係ありません。私の知り合いの社長連中も、同じ事を言うでしょう。そうチャンスなんです。年収が今現在300万円であれば、それをいかに年収1000万円にするかを考えるべきです。それだけなんです。

 

分かりますか?、いかに年収を3倍以上に上げるかを思考して行動に移せばいいだけの事です。これは年功序列の時代ではあり得なかった事ですから。   私は何も起業だけを勧めている訳ではありません。企業内起業も大いに結構じゃないですか! アメリカなどは既にこのようなシステムが出来上がっており、サラリーマンでも億万長者が出る程です。

 

アメリカで起こった事は、10年遅れて日本にやってくるといいますが、まさに今がその時です。確かに簡単ではありません。私はよくある「簡単に」という言葉が大嫌いですから絶対に使いません。それは厳しい道かも知れませんが、人が出来た事を出来ない理由などは一切無いんです。

 

繰り返しますが私の知り合いの社長連中は、そんな熱い若者に期待しています。もちろんこの私も同様です。だからこそこのブログを必死こいて書いているのですからね。

 

30代男性の平均年収は手取り○○円?というテーマで書いてきました。

 

そしてそれが悲惨な結果であるという事が分かりました。それでいいんです。まずは理解する事から全てが始まるのです。理解したら「自分はどう感じたか?、そしてどうなりたいか?」を真剣に考えて行動に移せばいいのです。そしてこの国はそんな成長を迫害する国ではありません。もちろん犯罪はいけませんが、正々堂々とお金儲けする事を拒みはしません。有難い事ではないですか?  

 

みんな与えられる側に回るから不満が出てきます。もう手のひらを見せて生きる人生は辞めにしませんか?

 

はい、待っているのではなく掴み取るのです。それが自由経済というものですから!

 

 

感謝

 

下村しげお  

 

 

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です