成功者は小さな成功を繰り返しながら大きな成果を得る

小さな成功の登山画像

sponsored link

 

成功するまでの道のりは決して簡単なものではありませんが、世の中の成功者の多くが持っている考え方として「小さな成功を一つ一つクリアしながら大きな成功を達成すること」があげられます。

 

成功者というと、何かと億万長者など「資産」や「収入」に結びつけてしまいがちですが、いきなり億万長者になった成功者は殆どいません。   ま

 

ずは「1」の積み重ねでしか、「10」にも「20」にもならないのです。そうやってひとつづつ成功を積み立てていくことでやがて望む結果を得ることができる。理論的にはこれは子供でも分かる算数です。

 

ですから小さな成功を積み重ねることにフォーカスを当てるべきでしょう。   まず自分の目標が億万長者であるのであれば、その目標を細分化して小さな一歩をまずはクリアしていくのです。

 

どんなことでもいいのです。これでなければいけない、というものはありません。

 

例えば預金を100万円貯める、でもいいですし、最高のメンターの弟子入りをする、でもいいんです。まずは叶えられるみじかなことから始めましょう。  

 

小さな成功を一つ一つクリアしていきますと、「あれっ、私って成功出来ちゃんうんじゃない!?」って自信が湧いてきます。

 

 

この自信こそが重要なんです。

 

 

「自信=新たな行動」に繋がります。

 

 

ことわざにも「千里の道も一歩から」「大海も一滴の集まり」とありますように、全てのゴールは一歩一歩の歩みから生まれるのですから。  

 

よく芸能界でもパッと出ては消えていく方々がいます。これって小さな成功を飛び越えて来ちゃった方々なんですね。だから踏ん張りを知らない、だから消えていってしまうのです。

 

もちろん苦節10年でやっと花開いた方の中にも、テレビから消えていく方もいます。でもそのような踏ん張りのある方ってテレビには出ないだけで結構営業とかで活動されているものです。  

 

私がこのように小さな成功の積み重ねを勧めるのは、この小さな成功の積み重ねによって、大きなうねりに流されることのない踏ん張りが効くようになるんからなんです。

 

一回の成功って結構多くの方々が経験されているものです。でもすぐに落ちていってしまう・・・そう一気に登ったものは一気に落ちていくのが原則だからです。  

 

成功の安定期に入るには、それはいろいろな成功や失敗を繰り返します。でもその経験こそが成功の安定に繋がる唯一の近道なんです。

 

宝くじで一攫千金になった方々の大半が、またスポーツ選手などで莫大なお金を一気に得た方々の破産率は結構なものです。これはお金の本質を知らないからであり、小さな成功の繰り返しをしていないからだと断言しましょう。  

 

なかなか結果が出ないことはよくあることです。殆どの方々はそれで諦めてしまいますが、その足を止めない限り、まだまだ望みはあるんです。

 

 

諦めたらそれでゼロです

 

 

でも諦めなければきっと素晴らしいナニカが生まれるのです。これって私の経験談ですから、あながち理想論では無いことを、ここに証明してみせましょう。  

 

小さな成功を繰り返して、そして自分自身に自信を持ち、また次の成功を掴み取ることでしか、大きな成功などありません。

 

どうか負けないで下さい。いろいろな壁が待ち構えてはいますが、乗り越えられない壁などはありません。乗り越えられるから壁なんです。その壁の高さ以上の行動を取ることが出来れば、それを壁とは言わず、試練と言うことを知っておきましょう。    

 

 

感謝。  

 

下村しげお    

 

 

 

 

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です