大きな声で話すこと、人前で話せることの強み

sponsored link

 

 

私は人と話す際、だいたい声が太く大きいほうで、あと人前で話すことに対する抵抗というのが殆どありません

 

ですのでたとえば私のセミナーを開いて大勢の前で講義をしたりする際にも特に緊張もしませんし、それはメリットにもなっています。  

 

実は「話す」ということは大切なコミュニケーションスキルでもあります。

 

そして、良い声(はっきりとしたトーン)つまり大きな声で話すこと、人前で話せることの強みを理解し実行することが出来ますと、このコミュニケーションスキルにおいて向上し、相手との会話力、また説得力が増します。これは人間関係の向上にも繋がりますし、またプレゼンテーション能力向上にも繋がることですから、是非とも身に付けたいものです。    

 

よく「自分は人前で話すことが苦手」という方がいらっしゃいますが、それはこの人生においては大きな損失です。この人間社会は言葉によるコミュニケーションで成り立っていますから、その「話す」ことが苦手ということは、自分の意見を相手に伝えることが出来ないということになってしまいます。これでは厳しいビジネス社会においては成り立ちませんし、まして海外では自分をアピール出来なければ、相手になめられてしまいます。    

 

ですから今回は是非ともこの「大きな声で話すこと、人前で話せることの強み」について考えて頂き、少しでも「話す」という行為の重要性を知って下さい。慣れていないから出来ないだけです。誰もが最初から上手だった訳ではありません。この「話す」という行為は経験を積んで上手くなっていくものですから。「話し方教室」なるものが存在するのも頷ける気がします。皆様やはり話し上手になりたいのです。そのお気持ちはよく理解出来ます。    

 

まず、人は見た目でその9割を判断します。つまり講演会でもセミナーでも内容よりも、そのしゃべり手の態度を見ているということになります。もちろん服装とかの最低の見た目が適正であることは当然ですが、この「大きな声で話すこと」ということで、その自信の表れを相手に伝えることが出来る最も簡単な方法なんです。小さな声でモゴモゴと話されるよりも、時折笑顔やジョークを交えながらのインパクトは、間違いなく相手に通じます。    

 

最初は話す内容はさて置いておきましょう。まずは人前に立つことに慣れることです。そして大きな声で発することです。これさえクリア出来ましたら、後の小手先の問題はそう大したものではありません。こう書きますと「それが出来ないから苦労しているんだ!」とお叱りを受けるかも知れません。そのような方々はいきなりハードルを高めに設定しがちなんです。最初は一人の前でもいいんです。その人の前に立ち、そして自分の好きな話しをする・・・それだけで全然違いますので。  

 

とにかく始めない限りは何も環境は変わりません。もし成功者に成りたいのであれば、この「人前で話すスキル」は絶対に必要です。このコミュニケーション能力、またプレゼンテーション能力は、起業においては無くてはならないものですから。 あのプレゼンテーション能力の神様スティーブジョブズ氏を思い出して下さい。まあ、あそこまではなかなか演じれないとは思いますが、売れないものでも売るプレゼンテーション能力こそ、経営者には求められる資質です。  

 

よく店頭販売をご覧になったことがあるかと思いますが、彼ら彼女らの共通点は「大きな声と笑顔で自信たっぷりに話す」ことです。そして「間」ですね。お客様の関心が無い時はグイグイ押して、お客様が乗ってきたら一歩引く・・まさしくあの「間」というかタイミングは素晴らしいものがあります。私も街で店頭販売をしているのを見かけますと、必ずチェックします。少し見ただけで、その方がプロなのかまだ素人なのかはすぐに分かりますね。是非皆様もその現場をチャックしてみて下さい。  

 

要は「見て学ぶ」ということです。やはり人気の話し手には理由が間違いなくあります。もちろんその話す内容もありますが、まず見た目や印象がずば抜けて興味をそそられるように仕組まれているはずです。そして気が付いたらその話し手のペースにハマっていることに気づくでしょう。このような方々を真似てしまうのです。嘘でもハードルを下げてでもやってみるのです。いきなり100人の前で話せ!・・などと私は言ってはいません。一人からでいいんです。  

 

今回の「大きな声で話すこと、人前で話せることの強み」を利用することが出来ましたら、驚くほど環境が変わってきます。人間関係から商談から全てです。今まで誰も見向きもしなかった事柄に興味を持ってもらったり、今まで気が合わなかった方と仲良くなれたりとか・・です。嘘のような話しですがこれは本当のことなんです。「まず自分が変わる」、はい、7つの習慣で学びましたよね?、そう自分が変われば相手も変わるものなのです。  

 

そして人前で話す場合でも、自分が変われば聞き手が変わってきます。そうそれはそれは面白いように変わってきます。同じ内容の話しでも、今までは誰も見向きもしなかったプレゼンに、身を乗り出して聞き耳を立てる人が増えてくるでしょう。それは商品を見ているのではなく、自信タップリに話すアナタを見ているからなんです。自信タップリのアナタが話すことだから興味が湧くのです。これこそ「大きな声で話すこと、人前で話せることの強み」なのです。  

 

ただ、実はこんな私も小学生の時は人前に出るのが物凄く苦手でした。クラスの前で作文など読もうものならば、手は震え、声はうわずりクラスの笑い声が聞こえてくる程です。それが中学生になりバンドを組んでから、人前で演奏したくなり、またコンサートを重ねていくごとに人前で歌うことが快感になっていったのです。今の私がいるのは、そんなバンド演奏という経験の積み重ねだと思っています。    

 

ですから誰もがその経験で「大きな声で話すこと、人前で話せることの強み」を武器に出来ることを知っているのです。どんなことからでもいいのです。

 

私のように好きなことからでもOKです。まずは人前に立つことです。そこからで十分です。すると「人前で話す快感」というものを感じられるようになるでしょう。

 

それに伴いコミュニケーション能力もプレゼンテーション能力も向上することは間違いありません。

 

そう最初の一歩は小さなことでいいんです。大好きな一人の前からでいいのですから。    

 

 

感謝

 

 

下村しげお  

 

 

 

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です