億万長者の9割が朝型人間のその理由とは?

sponsored link

朝起きるのが苦手な人には非常に耳が痛いお話かも知れませんが、どうやら成功者、つまり億万長者の9割朝型人間が多い」という事実のデータがあるそうです。  

 

ちなみに私の仲間の成功者の9割以上が、やはり朝型人間です。

 

そういう私も朝は4時起きです。

 

夜は10時過ぎにはベッドに入っています。

 

もう習慣ですので、それが当たり前になっているのですが、まだまだ結構夜型の方って多いんです。

 

まあ、若い時は私も夜型人間でして、明け方まで飲んでは昼過ぎまで寝るという生活でした。でも今から思いますと結構無駄なことだなって反省です。  

 

では何故「億万長者の9割が朝型人間のその理由とは?」ですが、生物学的に言ってもこれは当然に人間は日が昇ったら行動し、そして日が沈んだら寝るという朝型動物だからです。そのDNAがある以上、朝起きての行動や思考活動が最も適していることは言うまでもありません。夜行性の動物が夜活動するのと全く同じ理屈です。  

 

私は朝4時に起きて歯を磨き、髭を剃りましたら愛犬と散歩に行きます。もちろん1年365日毎日です。雨の日も台風の日も、雪の日も毎日です。これは自分に課している日課なのですが、散歩中に身体をほぐしたりしながら、ちょっとしたウォーキングです。そして帰ってきてからは、新聞やニュースで世の中の動きをチェック、そしてメールチェックしてから8時までは思考タイムに使っています。  

 

朝は二酸化炭素で充満された空気が、樹木から吐き出される酸素でとても澄んでいるんです。車の排気ガスも消え去り、深呼吸しながらのウォーキングは健康にとっても最高です。そして雨だろうが台風だろうが、雪だろうが、行動に移すことに意義があり、そこにポジティブシンキングが生まれるのです。全ての自然現象をトレーニングのようにしてしまえるからです。    

 

確かに一瞬「雨か、嫌だな!」というマイナス思考が顔を出さないなんては言いません。でもそんなマイナス思考の最中にでも、行動としては散歩用の服に着替えて、散歩の用意をしている自分がいるのです。大切なのは「何を感じているか?」ではなく「どう行動しているか?」なんです。これこそ成功者思考行動そのものだと知っているからです。  

 

人間は朝の7時が一番その思考能力が上がると言われています。ですからその時間帯に合わせて、瞑想したり、座禅を組んだり、いろいろと思考時間帯にしているのです。もちろん外部のくだらぬ雑音はシャットアウトしています。これほどの情報化社会の中で、静まり返った空気の中で、情報を一切断ち切る時間は私にとっては最高に贅沢な時間なのです。  

 

私の仲間も含めて、みんな同じように朝型人間として、その時間を有効利用しています。あのベストセラー作家の村上春樹氏は3時起きです。そしてその朝の時間で小説を書いているようです。そう、成功者はこの朝という人間にとって一番貴重な時間を有効に使っていることが分かるかと思います。億万長者の9割が朝型人間のその理由がここに見えてはきませんか?  

 

朝のこの貴重な時間では、多くの閃きが生まれます。これからの世界を、そして自分がこの社会においてどのように活動していくか?、という正に誰にも邪魔されない思考タイムなのです。ですから私の思考の全ては、この朝の時間にあると言ってもいいでしょう。それ程、朝型という生活習慣は貴重なものなんのです。そして何と言っても無料です(笑)  

 

確かに、夜の方がアイデアが湧くという方もいらっしゃるでしょう。結構クリエイティブな仕事をされている方々に多い傾向です。でも騙されたと思って朝型に切り替えてみるといいと思います。この朝型習慣に慣れてしまえば、夜活動の数倍はそのアイデアの湧き方が違ってくるでしょう。きっと夜生み出されるものよりも、素晴らしいものが生まれるでしょう。  

 

とにかく朝型生物としての習慣を取り戻せば、そのパワーは計り知れないほどの効果があります。最初はキツイかも知れませんが、慣れてしまえば病みつきになることでしょう。繰り返しますが、この私も以前は夜型でしたが、こうして朝型に変えてから健康面でも精神面でも、非常に安定していることがよく分かります。  

 

言い過ぎかも知れませんが、「朝を制するものは成功をおさめる!」と言ってもいいでしょう。私の仲間の成功者の殆どがこの朝型人間というだけでも、それは実証済みです。夜の2時間は朝の1時間に相当するという医学的統計もあります。ダラダラと夜遅くまで仕事をするよりも、早く寝て、早く起きてから仕事に取り組んだ方がよっぽど効率がいいというデータもある程です。  

 

もし今現在、夜型の方々は騙されたと思って朝型に切り替えることをお勧めします。繰り返しますが人間は朝型生物なのです。これは避けても避けられない現実です。朝の清々しい時間を使っていないとなりますと、本当に勿体無いと思います。夜の溢れかえる邪念からは逃れるべきです。夜の醜い欲望乱れる時間にはまってはいけません。  

 

人間は本当に欲深い生物です。それがいろいろな情報に惑わされた夜ほど、決定事項を減らすべきでしょう。よく「夜に書いたラブレターは絶対に出すな!」と言われています。それ程、夜ほど誤解、錯覚に惑わされた時間帯はありません。そんな時間帯に事業の方向性を決めて上手くいくはずはありません。これほど明確なことはないのです。  

 

これで少しは「億万長者の9割が朝型人間のその理由とは?」の意味が分かって頂けましたでしょうか?、億万長者はその方向性を朝に決めているのです。そして生物学的に言って、その朝に決めた事項が一番最適な判断になるのです。だからこそ成功者は朝型なのです。夜に決断したことほど恐いものはないことを知っているのです。  

 

さてさて、こうして「億万長者の9割が朝型人間のその理由とは?」を書いてきました。

 

で、どうしますか?・・今までのように夜型人間としてやっていきますか?、それとも最適な判断を下せる朝型人間に変わりますか?、このブログはあくまでも提案ですので、夜型がいいのであればそれはそれでいいのでしょう。でもそれはきっとこの朝型習慣を知らないだけだと思います。  

 

「億万長者の9割が朝型人間のその理由とは?」それは正に生物学的に言っても、それが一番の時間の使い方だからです。1日は誰もが平等に24時間です。

 

いくらお金を出しても、それが25時間、26時間には決してなりません。

 

ですからこの貴重な24時間の中でいかに成果を挙げるかを考えれば、その生活習慣をどうしたらいいのかの答えは明白なのです。  

 

感謝

 

下村しげお  

 

 

 

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です