楽してお金を稼ぐ方法

sponsored link

楽してお金を稼ぐ方法・・・

 

さて、今回はこのテーマで書いてみましょうか。

 

私としては「楽して」という言い方はどうか?、と思っていますが、誤解の無いように、「楽してお金を稼ぐ方法」などはありません。

 

・・となりますと、この課題が終わってしまいます(笑)ので、視点を変えてこの「楽してお金を稼ぐ方法」を伝授させて頂きます。  

 

突き止めていけば行き着くところは

 

 

「幸せ」=「自由」

 

 

です。    

 

そう考えるとただ闇雲に金になる理由だけでビジネスを選ぶのは論外です。

 

自分の費やした「時間」を積み重ねていくことのできるいわば権利収入型の収入源、そのようなビジネスを構築するのが一番確実で、尚且つ賢明な手段と言えるでしょう。

 

自分の時間を切り売りするような「労働型収入」では「自由」な身にはなれません。

 

自分自身の労働でしか収入を得る事が出来ないとは、「楽してお金を稼ぐ方法」からは大きくかけ離れています。  

 

よく社長でも朝から晩まで仕事に縛られている方々が多くいらっしゃいます。そんな方々を見るたびに、「何の為の社長業なのか?」と疑問に思う事があります。

 

でもこの日本の零細企業の社長さんは、殆どがこのような「労働型社長」です。営業から経理、業務全てに首を突っ込み、ああじゃないこうじゃないと常に忙しくしている方々です。ある意味「過労死」とはこのような社長にあるのではないかと思ってしまう程です。  

 

このような社長はすぐにでも「労働型収入」を「権利型収入」に修正するべきだと私は思います。よくいつも自由に時間を使って、それなりに幸せに生活している人を見かけませんか?

 

「あの人はいったい何で収入を得ているのだろう?」という方です。

 

私がいう「楽してお金を稼ぐ方法」とは、いかにこのような方々にように成れるか?、という事になります。

 

ではこの「権利型収入」を得る為にはどうしたらいいのか?、それが今回のテーマになります。

 

では、「権利型収入」それはいったいどのようなものなのか?  

 

ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」は読まれましたか?、有名な本ですので、多分読まれた方々は多いかと思います。まあ、読んではいなくてもだいたいの内容はご存知でしょう。

 

その中でも少し触れていますが、いくつかあげてみます。  

 

<労働型収入> ・企業や店舗の従業員 ・自営業者・フリーランス ・スポーツ選手 ・弁護士などの士業 ・セールス型ビジネス  

<権利型収入> ・企業や店舗のオーナー ・投資家 ・MLMトップリーダー ・作家 ・継続課金型ビジネス  

 

さて、これらをご覧になって如何でしょうか?

 

まさしくこれらの「権利」を得る事で、毎月毎月、自分の財布にお金が流れんでくる仕組みです。

 

まあ他にもいろいろありますが、こうやって見てみますと、このような収入を得ている方をご存知ではないでしょうか?、このような方々はのんびり自分のペースで暮らしています。

 

この「楽してお金を稼ぐ方法」を知りたかった方々にとって、このような生活はまさに理想ではないでしょうか?  

 

権利型収入、いわゆるストック型収入ですが、これは例えば、自分が事故や病気で一定期間働けなくなったときも何も変わらずに収入を得ることができるので、そういった心配事からも開放されます。

 

また、ケースによっては自分が他界した時には親族へ相続することもできるので、愛する家族に資産を残して、その後の生活を支えてあげることだってできます。

 

ここまでいろいろと書くと、

 

 

「権利型収入がいいのは十分にわかりました!」

 

「でもいったいどんなことをすればいいのですか?」

 

 

という声が聞こえそうですね。

 

わかりました。では、できるだけわかりやすくアドバイスと提案をさせて頂きます。  

 

まずひとつ、「継続課金型ビジネスモデル」ならなんでもいいのか?、・・そうではありませんね。

 

成功するビジネスには「4大原則」というものがあります。これはホリエモン氏が提唱している原則で多くの人にも知られるようになりましたが、  

 

「4大原則」それは、 1.利益率が高い 2.少ない資本で始められる 3.在庫を持たない 4.継続的な収入が入る   まさに現代のビジネスの基本と言えば基本です。

 

ただ、バブル期などインターネットが普及するまではこんなビジネスはありませんでした。それまで事業と言えば通常は資本金を1000万円用意してが当たり前でしたからね。  

 

あ、ありましたね。MLMつまりネットワークビジネスが最もたる代名詞のようなものでした。

 

まあ、以前はあれほど流行ったMLMですが、今ではかなり難しい事業でしょう。素人が簡単に稼げるものではありません。

 

しかし、今現代においてはインターネットのインフラが整ったお陰で4大原則に基づき、ビジネスを小資本でスタートすることが可能になりました。事務所も必ずしも必要ありません。在庫リスクも物販でなく、サービス業やコンテンツ販売であれば全く必要ありません。あとは継続収入についての部分だけですね。この部分を考えたときにどうかです。自分の行動、成果が蓄積されるビジネスモデルかどうか?です。

 

そう考えた時に私が思い浮かぶのは大きく分けて2パターンあります。

 

 

1.BtoCで少額のサービス、コンテンツを月額課金で提供するタイプ

 

2.BtoBで中額のサービス、コンテンツを月額課金で提供するタイプ  

 

 

1.2.ともに商材は例えばソフト(ハード)ウェアや通信教育、あるいはコンテンツやサービスの提供といった感じになるでしょうか。

 

要するに「1:1」⇢「1:マス」にシフトをチェンジしていくことでレバレッジがかかるからです。

 

分かりにくいですか?、つまり一つの仕事が仕事を生み出す、そしてそれらが積み重なり、毎月の収入は増えて、そして一度確保した収入源は消える事がない、まさに理想的な権利型収入です。  

 

例えばSEOサービスもその一つです。

 

自分の業界での検索結果がヤフーでもグーグルでも、トップページに出るという事は、ある意味どんな高価な広告よりも効果があります。

 

現状、マンション等の高額商品でさえインターネットで購入する時代です。ですから一度トップになりますと、もう下げる事は出来なくなります。という事は、一度掴んだ顧客は永久顧客となります。  

 

そしてその営業経験をコンサルタントととしてフルコミの方々に伝授する事で、この永久顧客を一気に増幅させる・・まさにこれによりレバレッジがかかる事になります。  

 

こうなりますと、面白いように永久顧客が増え続け、気がつけば権利型収入が自分の財布にイヤでも流れ込んでくる事になります。

 

如何ですか?、まさに先程の4大原則に基づいた、権利型収入を得る方法ではないでしょうか?、楽してお金を稼ぐ方法ではないでしょうか?  

 

まとめますと「楽してお金を稼ぐ方法」とは権利型収入のインフラを作る事であり、一旦このインフラを構築してしまえば、「幸せ」=「自由」を得る事が出来るのです。

 

もちろん今回挙げたSEOなどはほんの一例に過ぎません。私の頭の中にはそんな権利型収入の稼ぎ方がいくらでもあります。日本国内もちろんですが、それにに限らずに、この世界に目を向ければネタはいくらでも有り余るほどあるのです。それらに気づくか気づかずに見過ごすかの差ですね。    

 

感謝

 

下村しげお  

 

 

sponsored link

「人生を変える無料メール講座」

下村しげおがメンターとしてあなたのメールアドレスにお届けする全7回の特別セッション「人生を変える無料メール講座」を受けてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です